シロアリ駆除

シロアリの生態

シロアリは、シロアリ目に属し、世界で約2000種、日本では10数種分布しています。その中でも、最も大きい被害を与えるのは ヤマトシロアリとイエシロアリの2種です。

 左の地図のように、ヤマトシロアリは全国的に分布しています。シロアリは、建物の木造部を加害することがよく知られていますが、木構造の耐力上最も重要な木と木の接合部から加害するため、加害量はわずかでも、致命的な被害を受けることになります。

 雨の降ったあとの蒸し暑い日、ヤマトシロアリは4月中~5月中旬の昼間、イエシロアリは6~7月の夜に 無数に羽の生えたシロアリが巣から飛び出します。飛び立った羽アリは雌雄の個体群で、群飛中各々に配偶者を みつけ地上に舞い降りると、羽を折り取って各々に新しい巣を作成します。ヤマトシロアリは土台、柱、基礎コンクリート下などで活動します。イエシロアリは土の中、まれには玄関、浴室、便所等の壁の中やコンクリートスラブの下などに巣を作ります。ヤマトシロアリの場合は明確な巣を作らず、加害部分を巣として生活しています。

ヤマトシロアリ

ヤマトシロアリ 羽アリ

ヤマトシロアリ 羽アリ

ヤマトシロアリ 職アリ

ヤマトシロアリ 職アリ

ヤマトシロアリ 兵アリ

ヤマトシロアリ 兵アリ

アリとシロアリの違い

 まれに普通のアリの羽アリとシロアリの羽アリを間違える方がいるので、アリとシロアリの見分け方をご説明します。

 左の絵を見てもらっても分かるように、シロアリと普通のアリはかなりの違いがあります。シロアリは触覚が直線状になっているのに比べ、普通のアリはL字形のものが多いです。シロアリは胴体のくびれがなく太いのに比べ、普通のアリはくびれており、細いです。翅の形も、シロアリと普通もアリでは違います。シロアリは前翅も後翅もほとんど同じ大きさで、翅脈の数もほとんど同じですが、普通のアリの場合は、前翅は大きいのに異なり、後翅は前翅よりも小さいし、翅脈の数も前翅よりは少ないです。