その他の害虫駆除

ハチ駆除

ハチの生態と習性について

ハチにはいろんな種類がありますが、主なものを3種あげてみました。

スズメバチ

キイロスズメバチ

 働きバチの体長が21~27mm、女王バチが25~29mmで、 北海道から屋久島まで分布します。 巣は生け垣や庭木などの低木の枝に作られることが多く、育房数は1000以下です。作り始めの巣はトックリを逆さまにしたような形をしています。

アシナガバチ

アシナガバチ

 成虫の体長が21~26mmで、3亜種が日本全土に分布しています。 アシナガバチ類としては日本で最大の種類で、軒下や木の枝に巣を作り、育房数が500以上にもなることがあります。

ミツバチ

ミツバチ

 ニホンミツバチの働きバチの体長は約12mmで、本州から九州、対馬にかけて分布します。 平地から低山帯に普通に見られます。樹洞や岩の隙間、屋根裏、床下などに巣を作り、育房数が5万を越えることがあります。
 この3種の中でも、一番危険とされているのが、スズメバチです。スズメバチは非常に毒性の強いハチです。アレルギー体質の人や、抵抗力の弱いお年寄りや子供などが刺されると、死亡することがあります。

ハチに刺されやすい時期・部分

 もっとも危険とされているのは、巣がもっとも発達した時期です。 アシナガバチは7月から8月、スズメバチは7月から10月、ミツバチは通年といわれています。 ミツバチはめったに刺すことはありませんが、スズメバチやアシナガバチに襲われた場合、もっとも刺されやすいのは、腕や手であり、スズメバチの場合、とくに黒いものに反応するので、ついで頭や顔などとなっています。いずれも体の露出部分が真っ先に狙われます。

ハチに刺されてしまったら・・・

ハチの巣

 万が一、ハチに刺されたときは、刺された場所から離れ、速やかに毒を吸い出してください。四肢を刺された場合は、心臓に近いほうを縛り、数分間隔で緩めるようにしてください。患部を冷やし、抗ヒスタミン剤軟こうを塗ります。 ちなみに、よく「ハチに刺されたらアンモニアを塗る」といいますが、アンモニアはハチ刺されには効果がありません。それどころか、ときにはアンモニアによる皮膚炎を起こすことがあります。また、刺されたところから、細菌感染を起こすこともあり、汚い手で刺されたところをいじらないことはもちろん、尿をかけるなどは論外です。

 前述後、痛みだけの場合は、短時間でよくなるのでそのまま放置すれば直りますが、不安感など、いやな予感がしたり、かゆみ・発疹・せき・嘔吐・腹痛・めまいなどの症状が見られるような場合、一刻も早く医師の手当てを受けましょう。また、頭を刺された場合も、速やかに医師の手当てを受けましょう。