その他の害虫駆除

ムカデ駆除

ムカデの生態と習性について

アオズムカデ

 ムカデは唇脚網ムカデ目に属し、日本に約120種が知られている。頭部から下の胴部より1対ずつ脚があり、オオムカデ・イシムカデ・ジムカデ類に大別されている。頭部についている毒をだす”アゴ”は第1胴節の脚が変形したもので、これで人に咬みつく。

  アオズムカデはよく人家に侵入することがあり、生息場所は屋外の草むらや林の落葉下、石垣の間、木の切り株などで、昆虫や小動物を捕食する。家屋に侵入したムカデはゴキブリなどを捕食するが、人が咬まれることがあり、痺れを伴う激痛が走り局部は赤く腫れあがる。

ムカデの病害

 ムカデは接触した瞬間に牙で咬みつく(ムカデ咬傷)。咬まれると毒液が出て、咬まれた場所に炎症をおこす。痛みが激しく、発赤、腫脹、リンパ管炎、潰瘍、壊死などをおこすが、致命的なことはない。

ムカデにかまれたら

 患部に抗ヒスタミン含有のステロイド軟膏を塗布する。腫脹のはげしい場合は水で湿布をする。

ムカデの毒成分

 蛋白分解酵素、ヘモリジン、ヒアルロニダーゼ、サッカラーゼ、ヒスタミン、セロトニンなどの酵素。また、アミン類が見出されている(加納,1973) はげしい痛みはセロトニンによる。

ムカデの駆除方法

 家屋の周辺にムカデの生息に適した環境があると侵入してくるので、密閉できる網戸を完備し、家屋の周辺や床下を清掃する。とくに家の隅にたまっている廃材、瓦れき、落葉などを除き、ムカデの隠れ場所をなくして日当たりをよくする。家屋の周囲にフェニトロチオン粉剤等を20cm幅くらいで散布しておくことも一定の効果が得られるが、風雨に曝されて効果は減少するので、あまり過信しないこと。

引用文献: 日本ペストコントロール協会(原色ペストコントロール図説第Ⅱ集)